柔道の極意

授業などで習う柔道の練習

中学や高校で習う柔道の基本的な練習として、相手と組みながら大外刈りや内股などの技の練習を行います。
初心者の場合は相手の襟を握りながら正しく組んだり、正しい受身の行い方を勉強します。
柔道というスポーツは相手を倒して、背中を地面につけさせるルールで特典が入るので、倒れた時に怪我をしないように安全を考慮して授業では正しい受け身の行い方を勉強します。
受け身の基本的な練習の仕方として、体を前転させながら背中を床につけます。倒れる時に怖がらないように練習する事が特徴で、首などの部分に当たらないように正しい受身の仕方を学ぶ事が大切です。
受身などの基本的な柔道のシステムを学んだら、教師などから相手を倒す為に大外刈りや内股などの基礎的な技を学びます。大外刈りなどの技はモーションが非常に大きくて、組み手になっている状態で技を出しても相手は簡単に倒れないです。
組み手になっている時には相手の襟を握っている状態なので、相手の襟を引き付けるようにして素早く技を繰り出す事で相手を倒しやすくなります。
寝技などの高度な技は学ばない事が多いが、練習では内股などの技を受けて、安全に倒れこむ流れを学びながら組み手による練習を行います。

オリンピック柔道競技の歴史

明治時代に嘉納治五郎氏によって創設された柔道は、その100年以上の歴史の中で多くの国々に伝わり、競技として普及していきました。
現在では、世界選手権が開催されたり、オリンピック競技に採用されたり等、国際的競技になったといっても過言ではありません。ここでは、柔道のオリンピック競技としての歴史について説明します。
まず、男子は1932年のロサンゼルスオリンピックで公開競技として採用されたのが最初で、正式競技として採用されたのは1964年の東京オリンピックの時からです。1968年のメキシコオリンピックでは採用されませんでしたが、4年後の1972年のミュンヘンオリンピックからは、再び採用されて現在に至ります。
女子柔道がオリンピックに登場したのは意外と最近で、1988年のソウルオリンピックに公開競技として採用され、4年後のバルセロナオリンピックで正式競技となりました。
近年では、女子選手に人気や実力のある選手も多い為、もっと古くから採用されていた様な錯覚を起こしてしまいますが、男子と比べるとその歴史は浅いということになります。
オリンピック競技として採用されると、その競技に対する世間の関心も深まり、競技人口が増える等といった、プラスの要素も多くあります。
また、国際的に知名度のある競技として世界で認知されているものだともいえます。
日本発祥の競技がこの様に、オリンピック競技として長い間採用されると、少し誇らしい気持ちになるのではないでしょうか。

おすすめWEBサイト

様々な成分が配合されたプロポリスです。

プロポリス

新宿のおしゃれなネイルサロン。

ネイルサロン 新宿

世界中のどんなガスでも、ガスのことならぜひお任せください!

高圧ガス

2017/11/10 更新